卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ①


1級自動車整備科卒業
杉本 隆浩 さん

先生が身近に感じ、とても話しやすい環境です

 

越生自動車大学校を選んだ理由は、学校見学をした際、学校の雰囲気がとても明るく、やる気を見せればそれに応えてくれる先生方だと思ったから。 また、少人数制なので、実際に実習する時間が多く取れ、しっかりした技術を身に付けられると感じました。
実習の授業では少人数で取り組め作業する時間が多いので、技術を身につけることができます。 先生が身近に感じ、とても話しやすい環境だと思います。また、座学で疑問に思ったことは、すぐ実習等で解決してもらえます。

卒業生からのメッセージ②


2級自動車整備科卒業
神山 優翔さん
埼玉県立児玉白楊高等学校出身

どれだけ自動車に触れるかが技術向上のカギ

 

私が整備士を目指したきっかけは、小学生の頃から自動車が好きでどのように動いているのか、どんな仕組みになっているのか興味があり、整備士になろうと思いました。また、自分の車を自分でメンテナンスしたいと思ったことも整備士を目指した理由です。
越生自動車大学校を選んだ理由は、自分は大人数が苦手なこともあり、この学校は少人数グループ制なので、実習授業で教材に触れる回数も多いため、自分の技術を向上させることができると考えたからです。実際に先生との距離も近く、顔をすぐ覚えてもらえたし、質問もすぐに答えてもらえたので良かったです。実習授業ではエンジンなど色々な部品の分解・組み立てを少人数で休むことなく繰り返し実施できたため、すぐに自動車の構造を理解することができました。
私が入学した時、新校舎が完成したこともこの学校を選んだ理由の一つで、きれいで使いやすく、モチベーションが上がるので勉強に集中できます。また最新設備を備えた実習棟も3月に完成したので、これからの実習授業がとても楽しみです。
1年生のうちに、第一志望のディーラーに内定をいただくことができたので、これからは国家試験に合格できるよう毎日頑張って勉強していきたいと思います。

卒業生からのメッセージ③


2級自動車整備科卒業
安齋 友大さん
川越初雁高等学校出身

社内の技能コンクール新人の部で3位に入賞することができました

 

私が整備士の道を志したのは、高校時代にバイクが好きで自分で色々とメンテナンスをしたことがきっかけです。
埼玉トヨタに入社し、お客様の大切な車を扱うので、日々責任感を強く持って取り組んでいます。お客様から直接お礼を言っていただい た時には、とても嬉しくやりがいを感じます。
社内の技能コンクールでは、先輩に親身になって指導ただいたおかげで、新人の部で3位に入賞することができました。学生時代、少人数グループ制で車に触れる事が多かったことが基礎になっていると思います。
今後の目標としては、社内検定3級に合格すること、ハイブリッド車の故障診断や整備ができるようになることを目指し頑張っています。

卒業生からのメッセージ④


2級自動車整備科卒業
佐野 鈴佳 さん
高等学校卒業程度認定試験合格

生徒全員が仲が良く、とても充実した毎日でした

 

私が整備士を目指したきっかけは、車が好きで自分の車をもっと知ってプロとしての知識と技術でメンテナンスをしたいと思ったことがきっかけです。
縁あって越生自動車大学校に入学することになったのですが、クラスの雰囲気もすごく良くみんなの仲も良いし、先生との距離も近くて色々と相談しやすく、とても楽しく学ぶことができ、本当に充実した毎日を送ることができました。
学年に女子学生は一人でしたが、みんながきっと気を遣ってくれていて、遠くなることも近くなりすぎることもなく、すごく居心地よく過ごせました。仲間には感謝しています。
内定先では、学んだ知識が整備の現場だけではなく事務の業務にも役立てることができるので、学校で学んだ知識をフルに活かして頑張りたいと思います。
車好きの方なら、車の事をいろいろ知るともっと好きになると思います。女性でも整備士になれます。車好きな方はぜひ整備士を目指してみてください。

卒業生からのメッセージ⑤


2級自動車整備科卒業
中村 憲章さん
鶴ヶ島清風高等学校出身

車やバイクに少しでも興味があれば自動車整備士を目指してみてください!

 

学生の頃は車の修理や整備することだけがメカニックの仕事と思っていました。しかし実際には、お客様のご要望を聞いて応える力と、多くの部分を見て整備する技術力が必要になるため、とても奥が深く難しくもあります。
しかし、だからこそ担当したお客様から「ありがとう」や「また来るよ」といったお声掛けをいただいた時はとても嬉しく、やりがいを感じます。
入社一年目には、学校の授業の中で聞いた先生方の様々な体験談や整備士として働くための心得が、日々の仕事の中においてとても役に立ちました。
昨年の社内の技術コンクール(新人の部)では先輩方の手厚いサポートもあり、優勝することができました。
今後の目標は社内検定2級に合格することです。ハイブリッドなどの最新技術の知識を得る必要があるため、合格に向けて毎日頑張っています。
自動車業界はとても魅力的だと日々感じています。車やバイクをいじることが好きな人や興味のある人は、自分が不器用だと感じている人でも、好きであれば続けることができますし、上達も早いので気にする必要はありません。ぜひ自動車整備士を目指してみてください。

卒業生からのメッセージ⑥


2級自動車整備科卒業
伊藤 彰太郎さん
県立狭山工業高等学校出身

再就職にも強い自動車整備士

 

高校卒業後、一度就職しましたが、当時働いていた所にずっといるつもりはありませんでした。将来何をしたいか、ふと考えた時に昔から工具を使って機械を触るのが好きだったことを思い出しました。そして、自分の車やバイクを自分の手で整備できたら楽しいだろうなと思ったことで、車に関する知識や技術を身につけるためにこの学校に入学しました。
実習は少人数で行うので、先生に色々なことを詳しく聞くことができるため、自分にはとても合っていたと思います。私は工具を使っていろいろと分解したくなるのですが、そんな自分に対して先生は「やりたいのならいいよ」と温かく見守ってくれました。
学校生活では、私が年上ということを皆、違和感を持たずに受け入れてくれて、仲の良い友達と楽しい思い出をたくさん作ることができました。
今では、自分のバイクも自信を持って整備することができます。本校に入学して腕を上げたという確固たる自信がつきました。本当にありがとうございました。

学校の特徴をご紹介
お問い合わせ・資料請求はこちらから
オープンキャンパスのお申込み
デジタルパンフレット
募集要項デジタルパンフレット