学生ピット

越生自動車大学校には「学生ピット」と呼ばれるものがあります。

なにかというと、「学校の設備を使って自分の車を整備することができる」というものです。

しかも先生の補助付きです。

フロントのブレーキパッドの交換を行っていました。

岩田先生の指導・サポートの元、作業します。

経験豊富な先生は心強い味方です。

普段使えない「インパクト」も使っていました。
実に真剣な表情です。

 

自分の車をいじりたい!という学生の思いに先生たちは応えてくれます。

こういった授業の時間外での作業は、学生自身の腕をさらに上げてくれますし、

先生とのマンツーマンでの貴重な時間を共有できるし、

愛車も進化するということでメリットがたくさんあります。

 

こういった「場」を提供することで、学生たちの成長を促進します。

オープンキャンパスのお申込み
学校の特徴をご紹介
お問い合わせ・資料請求はこちらから
オープンキャンパスのお申込み