教育方針

「行うことによって学ぶ」

越生自動車大学校
学校長
市川 剛士

本校は、この建学の精神のもと、職業教育をベースに社会から必要とされる優秀な技術者の養成を行ってまいりました。近年の日本社会は、政府の提唱する未来社会のコンセプト「Society 5.0」にあるように、情報社会(4.0)からAIやIOTに代表される超スマート社会(5.0)へ変革されていきます。

そのような中、本校は少人数グループ制を展開しながら、今まで培ってきた一人ひとりを大切にする「伝統」的な人間性教育と、社会に求められる資質や能力を先読みし、時代の流れと共に進化していく「革新」的な専門知識・専門技術教育を実践していく専門学校を目指してまいります。

そのため、2022年に迎える60周年に伴い、校舎と実習場を全面リニューアルし、先進的な設備や教材、教育カリキュラムを導入していきます。また、みなさんが楽しく心地の良いキャンパスライフが送れるような校舎にしていきます。

自動車整備士を目指すみなさん。
この「伝統と革新」の教育システムを私たち教職員と体感してみませんか!

学校の特徴をご紹介
お問い合わせ・資料請求はこちらから
オープンキャンパスのお申込み